提供: ガンダムWiki

Wikipedia等で使われている、ガジェットについての意見を募集しています。「トーク:メインページ#ガジェットについての調査」をご覧ください。

移動: 案内検索

F99 レコードブレイカー(Record Breaker)[編集]

サナリィが開発した試作実験用モビルスーツ
本来地球連邦軍側へ売り込むはずだったフリントが、木星帝国の地球侵攻作戦の際におけるクロスボーン・バンガードとの関係を露呈する恐れがあるとして不採用となった。
その不採用となったフリントに代わる次期主力モビルスーツが「F99 レコードブレイカー」である。マザー・バンガードの主機関であったミノフスキードライブをモビルスーツサイズまでダウンサイジングに成功し、F99に採用した。X字のスラスターでドライブを展開。スラスターからは荷電粒子が発光している。外見は頭部を含めて兎の人型で、赤色をベースに黄色のツートンカラー。パーツの70%はフリントと同一。武装もフリントと共有している。地球連邦軍へ提出する際には頭部をガンダムタイプへ変更する予定である。

試作体として3機がロールアウト。サナリィ第2月面開発実験所でテストが行われたが、木星帝国の「神の雷」作戦の妨害する可能があるとして機体そのものが狙われ、襲撃を受ける。戦闘により2機が撃墜され、残る1機もドライブを破壊され再起不能。機体データや専用パーツも破壊され、F99は幻のモビルスーツとなってしまった。

ミノフスキードライブによる速度で、地球と木星の間を約一週間(150時間程度)で到達することが理論上可能と言われているが、「神の雷」を阻止するためには専用の居住パックやエネルギーパックなどが必要で、トビア・アロナクスがこの機体で作戦阻止を考えたが、ミノル・スズキには不可能と断言された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
月面基地を襲撃する木星帝国のモビルスーツ・アマクサを3人一体の連携プレーで一蹴するも、影のカリスト搭乗のコルニグスの性能と技量差によりヨンが先に撃墜された。残るユリシーズとミッチェルが2機でコルニグスと戦うが、ユリシーズのF99は岩石落とし戦法の隙を付かれて撃墜、残るミッチェル機はトビアのスカルハートに庇われるが、メガ粒子砲を受けてミノフスキードライブを損傷している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミノフスキードライブ

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部2門内蔵。
改良型ザンバスター
ビームザンバーと銃身部を結合させたビームライフル。フリントの物と同一。
ビームザンバー
両腰に2本携帯
ビームシールド
両腕に2基内蔵。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フリント
ガンダムF90
V2ガンダム
ミノフスキードライブ搭載型モビルスーツで、20年後に再開発に成功。しかし、生産コストは倍以上となり量産には適さない。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]