提供: ガンダムWiki

Wikipedia等で使われている、ガジェットについての意見を募集しています。「トーク:メインページ#ガジェットについての調査」をご覧ください。

移動: 案内検索

レーン・エイム(Lane Aim)[編集]

地球連邦軍キルケー部隊に所属する若きパイロット。ペーネロペーに搭乗し、ハサウェイの前に立ちはだかる。優秀だが実戦経験が少なく、初戦では大量のミサイルの直撃を受けて海上に叩き落とされたり、ハサウェイの挑発に乗ってみすみす人質を解放してしまうなどの失態を見せてしまう。

しかし、Ξガンダムの兄弟機ともいえる最新鋭のペーネロペーを乗りこなし、搭載されているサイコミュ兵器も十分に使いこなしていた。レーンに生来のニュータイプの素質があるのか、強化処置を受けていたのかは作中で明言されていなかったが、強化人間に見られるような情緒の不安定さは見られなかった。逆襲のシャアに登場した、ギュネイ・ガスのように、この時代では精神的に安定した強化人間を養成する技術が発達していたので、その可能性もなくはないが、その人物像は血気盛んな若いパイロットといった風で、精神に何らかの操作を受けているようなところは特に見受けられなかった。つまり、ハサウェイ同様に純粋なニュータイプである可能性が高い。

最終決戦であるアデレートの攻防戦では、再びハサウェイとMS同士で対峙する。ハサウェイに砂を噛まされてきたためか、この頃にはレーンもハサウェイに食い下がる戦いぶりを見せるようになり、超々高速の空中MS戦を長時間にわたって展開する。次第に技量と経験の差が見え始めレーンは圧倒されるが、レーンはケネスの戦術を成功させるという任務を果たしていた。レーンは、Ξガンダムをあるポイントまでおびき寄せた時点で巨大なビームバリアを起動させ、Ξガンダム捕獲に成功する。レーンは「マフティー」逮捕のためΞガンダムのコクピットを開けるが、その時初めて、その正体が上司であるケネスの友人で、自分も何度か顔を合わせていたハサウェイである事を知ってしまう。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

人間関係[編集]

ケネス・スレッグ
ハサウェイ・ノア

名台詞[編集]

ミノフスキークラフトのMSはこっちがマザーマシンだと言う事を思い知らせてやる!」

搭乗機体・関連機体[編集]

ペーネロペー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]