提供: スーパーロボット大戦Wiki

2014年10月30日7:00からのメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

移動: 案内検索
  • 発売日:2001年9月6日
  • 機種:プレイステーション
  • 開発:日本アートメディア
  • 販売:バンプレスト
  • 定価:6800円

概要[編集]

特撮ヒーローによるクロスオーバーシミュレーションRPG。基本のシステムは『スーパーロボット大戦シリーズ』と同様のものを採用しているが、本作独自のものも多い。
同一シリーズですらない特撮番組同士のクロスオーバー作品で、SDではない等身大を採用し、原作に沿ったストーリーを採用しているゲームは現在のところ本作のみである。
グラフィックは実写を元にした2Dドットが採用されているが、肖像権の都合なのか一部の人物の顔が原作と全く似ていない。

スパロボシリーズよりも他作品同士の絡みが薄く、クロスオーバーというよりは"並行線"である。 ヒーローたちはお互いの存在を認知しており、協力もするが、ストーリー的な絡みは仮面ライダー、宇宙刑事など同一シリーズ間に留められ、原作イベントに他作品の人物が会話に入ることも無く、その場にいるだけである。
敵組織も同様に各自バラバラで行動しており、協力する事も殆どなく、たまたま同じ場所に居合わせるという展開が多くを占める。

多くの場合、1マップで複数の原作シナリオが平行して再現され、それぞれのストーリーは一切クロスしない。
戦闘パートに入ると「近くに別の事件を追ってる仮面ライダーもいるから一緒に戦え」などという台詞で強引にクロスさせられるのみで、戦闘が終わると再び平行線に戻る。この繰り返しである。
各話の連続性もあまり無く、いつの間にか時間が経過してる事も多く、"傑作選"的な印象を受ける。
版権を超えたクロスオーバーといえるものは、スナックアミーゴにヒーロー達が集う場面程度であり、オープニングムービーですら、異なるシリーズのキャラクター同士が同時に映る場面はごく僅かでしかない。

ゲームバランスにも幾多の問題があり、普通にプレイしてエンディングを迎える事は非常に困難である。
スパロボシリーズの定番である悲劇イベントの回避などは少なく、それどころか必要以上に忠実に再現されており(死亡する対象の人物のみしか出撃できない、どうせ死ぬのに敵を全滅させないとクリアできない)、ただでさえ高い難易度に油を注いでいる。

シナリオ分岐の条件の一つに、「特定のシナリオで、特定の武器を使ったか否か」という、非常にわかりづらいものがある。また、「仮面ライダーBLACK=南光太郎に原作どおり就職することを勧めるか」という分岐で、続編「仮面ライダーBLACK RX」通りに就職を勧めたら、その原作を基にしたシナリオをスキップし、その結果仮面ライダーBLACKがパワーアップができなくなるという、不条理な展開も有る。

このように極めて完成度が低く、上記の希少性や下記の画期的なシステムを考慮しても非常に低い評価を得ている。一方で、上記のようにSRW風味の特撮SLGが今作以降出ていないため、続編を強く望むファンも多い。

システム[編集]

  • ユニットがSサイズ(等身大)とLサイズ(巨大)に分けられており、異なるサイズユニットには専用の武器でしか攻撃できない。
  • ユニットがヒーローと支援部隊に分けられている。支援部隊は変身できないユニットが属する。例外的に変身前のウルトラマンは支援部隊に含まれる。
  • ヒーローは最初から変身できず、気力が上がるなどの条件を満たすと変身可能。
  • ヒーローは専用のマシンに乗り込むことができる。ただし、乗り込むのに1ターンかかる。
  • 特定のユニット以外行動不能になる地形(魔空空間など)が存在する。
  • マップ上にランドマーク(研究所・工場・発電所)がある。ランドマークを制圧するとボーナスがある。なお、ランドマークを制圧できるのは支援部隊のみである。
  • スーパーロボット大戦シリーズ』と異なり弾数制の武器の残弾は持越しされ、強化パーツなどで回復しなければならない。
  • 資金の他に資材が存在し改良(SRWにおける改造)および開発に必要となる。
  • 能力および武器攻撃力の上昇にはユニットごとに改良と成長のタイプがある。改良は資金や資材を使い能力を伸ばす。成長はレベルアップにより能力を伸ばす。ちなみに敵キャラは全て成長タイプ。
  • 資金や資材を使って強化パーツを量産できる。
  • 博士によって強化パーツや支援部隊の機体を開発できる。

変更点[編集]

精神コマンドが採用されていない。気力上昇などを賄うのは強化パーツの役目。

難易度[編集]

メカ系ユニットにフル改造を施してもクリアが困難な程。逆にレベルを上げすぎたり改造しすぎたりするとイベント発生条件を満たせず、ストーリー進行が不可能になる場合もある。

ダメージ計算式に問題があると思われ、Lサイズユニットはステータスとダメージが明らかに数字に見合っておらず、初登場した味方Lサイズユニットが直後の一撃で瀕死になることも珍しくない。

また、Lサイズのユニットが出撃できるシナリオが少なく、レベルを上げる機会が少ないにもかかわらず、Lサイズ中心のシナリオでは味方1機で10~20体の敵ユニットと戦わなければならないことも多く、難易度が高い。
特にレッドバロン、ジャイアントロボ、大鉄人17は、それぞれの初登場回と最終回を再現した2話を除けば大半のシナリオで出撃できない。
終盤に入ると、上記のLサイズユニットのシナリオを含め、それまで育てる機会がほとんど無かった弱小ユニットのみでクリアしなければならないマップが続き、どんなに計画的にプレイしても地獄を見ることになる。

演出面[編集]

変身シーンや必殺技では実写取り込みあるいはCGのムービーが挿入される。
ナレーションのみフルボイスが採用されている。

参戦作品[編集]

  • ウルトラマン
  • ウルトラセブン
  • 帰ってきたウルトラマン
  • 仮面ライダー
  • 仮面ライダーV3
  • 仮面ライダーBLACK
  • 仮面ライダーBLACK RX
  • 宇宙刑事ギャバン
  • 宇宙刑事シャリバン
  • 宇宙刑事シャイダー
  • 人造人間キカイダー
  • キカイダー01
  • 秘密戦隊ゴレンジャー
  • イナズマン
  • イナズマンF
  • ジャイアントロボ(実写版)
  • スーパーロボット レッドバロン
  • 大鉄人17
  • バンプレストオリジナル

世界観[編集]

ウルトラシリーズがベースになっているらしく、ある程度の宇宙開発技術がある。また、携帯電話やパソコンが普及している。
ウルトラ警備隊などの版権防衛部隊は『TDF』という国際機関の下部組織という設定になっているが、ヒーロー、悪の組織のまとめ役的な勢力は存在せず、それぞれの作品のヒーロー、悪の軍団が混在している状況である。
後半から、組織に属していない等身大ヒーローたちが、溜まり場としている喫茶店アミーゴにちなんで「アミーゴ隊」と自称するようになり、組織所属のヒーローがそれに協力する体制をとるようになる。
悪の組織についても、戦闘船団国家ナガーが、ある時は経済的圧力をかけ、またあるときは超兵器の共同開発を持ちかけたりして、間接的に協力し合う。

あらすじ[編集]

太陽系に突如10番目の惑星(冥王星を含む)、「ナンバーテン」が出現、国連による調査・研究が進む中、地球が幾多の地球外に狙われていることが発覚する。
国連は『TDF』(Terrestrial Defence Foce=地球防衛軍)、『SIDO』(Space Investigation and Defence Organization=宇宙調査機構)、という2つの組織を立ち上げ、地球圏をTDFが、火星から太陽系外周をSIDOが担当し防衛にあたった。

宇宙からの侵略に備える一方で、SIDOは秘密裏にナンバーテンを調査するために最新鋭宇宙要塞ナガーを発進させる。
しかし、ナガーは音信不通となり、そのまま発見さえることはなかった。

それから3年後、ナンバーテンは突如消失、その正体は謎のままとなった。
地球では外宇宙からの侵略が激化、国連は指揮系統一の為にTDFとSIDOを統合し、新生TDFを立ち上げる。
しかし、地球そのものから悪が芽生え始めていることに、人類はまだ気付いていなかった。

そして、12年の歳月が流れた……

バンプレストオリジナル[編集]

登場人物[編集]

主人公及び関連人物[編集]

人物名 備考
迫水 タクマ
融機鋼ルシファード
メタル系主人公
サキ
ファディータ
メタル系ヒロイン
叶エイジ
ヴォルテックス
バイオ系主人公
日向ラン
ヴェルヴェット
ヴェルヴェット・フューリー
ヴェルヴェット・リバース
バイオ系ヒロイン
序盤は変身できない

敵勢力(戦闘船団国家ナガー)[編集]

登場人物[編集]

人物名 備考
鋼帝ゼファス
迫水キイチ
邪学者アプファロン
迫水リョウマ
闘姫アテファリナ
迫水リョウコ
ヴァルキュリア
簑島カオリ
ヴォルハザード
藤堂タツヤ
ヴォルフィード
日向サトル

敵勢力機(戦闘船団国家ナガー)[編集]

人物名 備考
ギガント
ギガント2
ケルバーン
ケルバーン2