提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動: 案内検索

ファミール艦(Famir Warship)[編集]

ハザード長官が所持している宇宙航行用艦。原作ではバンクスを格納庫に並べて収納していた。

零影に仕掛けた起爆装置で飛影諸共大ダメージを負わせ、好機とばかりに襲撃をかけるも、飛影の投擲した刀の一撃でファミール艦のモニターが全壊してしまう。最後は空魔の突撃によってハザード諸共撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
原作同様、ハザードが搭乗。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
飛影』のラスボスユニット。第38話でHPEN10%の状態(HP25000)で第3軍NPCとして登場する。しかも、そのユニット自体は移動することができず、また核ミサイルを搭載しているために、自軍はそれを守らなければならない。だが、その時点ではかなりの高水準な装甲底力のおかげで、一般兵の攻撃は10ダメージに押さえてしまうので、あまり焦る必要はない…のだが、普通に反撃で一般兵なら撃墜していくので稼ぎたいなら結局守る必要がある。また、名有りユニットの攻撃を受けると厳しいので、要注意。
おそらく、このシナリオで最も厳しいのは、敵の攻撃でも受け身の防衛戦でもなく、「何が悲しくて、ハザードの乗る艦を防衛しなければならないのか」という点であろう(二周目以降なら、なおさらである)。
第49話でやっと直接対決となる。スペックは版権作ラスボスクラスである。搭乗者のハザードもまた、高いレベルの底力全体攻撃持ちなので妙にしぶとい。攻撃力は確かに強いが、EN回復がない上に全武装がビーム属性なので、グラン・ネイドル相手には全くの無力となる。また、射程ギリギリに補給役を張り付けてタイマンに持ち込めば、無傷で落とすことも出来る。
そして、直接戦闘時には、原作キャラ以外にも多くのキャラとの戦闘前会話が用意されている。今まで散々辛酸を嘗めさせられたハザードへのお礼参りも兼ねて、完膚無きまでに叩き潰してやろう。
ちなみに、戦闘時(特に被弾時)のハザードの台詞は、原作以上に極悪非道ぶりを発揮する今作の彼とは違い、原作における「小悪党だがどこか愛嬌も感じさせる」彼の人物像に近い。さらに、副官のドッグとのコミカルな掛け合いもあるので、じっくりと聴いてみるのも一興(?)だろう。
なお、今作ではハザードの座乗艦以外にも多くの同型艦が登場しており、大抵はやられ役である。また、蒼穹作戦時にカティが、UXの援護に駆け付けた際にも座乗しており、バジュラ母星での決戦ではショットが座乗しているファミール艦が登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

射撃兵装[編集]

対空ビーム砲
主砲
主砲(突撃)

特殊能力[編集]

オールキャンセラー

移動タイプ[編集]

飛行可能。

対決[編集]

空魔
突撃によって撃墜された。